加藤浩次 近藤真彦の不倫報道への“忖度”批判に「週刊誌をそのままっていうのはできない」

[ 2020年11月17日 10:11 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が17日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。歌手の近藤真彦(56)の不倫報道についての“忖度”批判に反論した。

 番組では、同日午前0時、ジャニーズ事務所から一部週刊誌で25歳年下の女性との不倫が報じられた近藤の無期限の芸能活動自粛処分が発表されたことを取り上げた。

 きっかけは12日発売の「週刊文春」の報道。その後、5日経過してからの処分発表で、これまで同番組も含めて、テレビのワイドショーなどで今回の報道について取り上げることがなかったことが、ネットなどでジャニーズ事務所への“忖度”などと批判の声が出ていた。

 この件について話が出ると、加藤は「『スッキリ』を僕らがやらせてもらっていて、週刊誌で出たのをそのままやるっていうのはできないんです。そこでしっかり、ジャニーズ事務所の裏とか、近藤真彦さんのコメントを出したうえで我々はやるということなんですよ」と番組の姿勢について弁明。「週刊誌だけの情報をここで流してしまうと、我々の方として責任がないことになってしまう。このルールがあってやれなかったというのがあるんです」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年11月17日のニュース