香川照之「半沢直樹」生放送にカマキリ先生準備も…OA後に無念の装着 9・6は大和田との「合体記念日」

[ 2020年9月6日 22:10 ]

香川照之
Photo By スポニチ

 TBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の宿敵・大和田役が大反響を呼んでいる俳優の香川照之(54)が6日夜、自身のツイッターを更新。この日、来週13日に延期された第8話に代わってオンエアされた1時間の生放送特番「生放送!!半沢直樹の恩返し」(後9・00)に登場したが、NHK Eテレの冠番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」の“カマキリ先生”の被り物を準備していたことを明かした。

 香川は「生放送が無事に終わりました。とはいえ…もしものためにと持参していたヘッドは、ついに登場せず(泣)」と報告。「そこで生放送直後に、この無用の長物を無念の装着。アイコン画像にアップいたします。従って9月6日は、大和田=カマキリ先生の合体記念日でございます。どうぞカレンダーにお記しくださいw」と大和田がカマキリ先生の被り物をしているアイコンに変更。

 「生放送を終えた『半沢直樹』の福澤克雄監督と」と2ショットもアップ。「すべてはこの、福澤諭吉氏の玄孫(やしゃご)である克雄氏の、力と情熱と執念で『半沢直樹』は引っ張られています!来週の第8話も、事件ともいえるようなシーンがいくつかありますが…これも福澤克雄監督の大いなるアイディアの賜物です。お楽しみに!」と予告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース