長嶋一茂 次期首相に菅官房長官推し「やはり私、シンパシーを非常に感じています」

[ 2020年9月6日 10:22 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が6日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で自民党総裁選について語った。

 立候補者の中でも菅義偉官房長官に期待しており、「僕は個人的に菅さんになってもらいたいな」と要望。

 同氏の学生時代の経歴に触れながら「とにかくですね菅さん、野球部だったんですね、中学校から。その後、法政大学の空手部。野球、空手とくればやはり私、シンパシーを非常に感じています」と笑みを広げた。

 このコメントについて「いろいろ言いたいことがあったんですけど、これが一番まとまるんじゃないかな」と自賛。司会の東野幸治(53)が「野球と空手を自分もやっているから応援したいと」と確認すると、一茂は「そういことです」とうなずいた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース