丸山桂里奈&本並健治氏 婚姻届の証人はあの大物、生番組で直接抗議「やめとけの表情って何!」

[ 2020年9月6日 22:37 ]

<TOKYO GIRLS COLLECTION>ランウェイを歩く本並健治(左)と丸山桂里奈(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 5日に結婚を発表した元なでしこジャパンFWの丸山桂里奈(37)と元サッカー日本代表GKで解説者の本並健治氏(56)が6日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に生出演。2人の婚姻届の証人の一人が、明石家さんま(65)と明かされた。

 新婚ホヤホヤの2人は、スペシャルMCを担当したさんまからご祝儀袋を直接渡され、ニッコリ。本並氏は、愛称「浪速のイタリアーノ」について、「さんま師匠につけていただいて、引退後20年たちますけど、イベントで『浪速のイタリアーノどうぞ』っていうとすごく沸くんですよ」と明かし、感謝した。

 共演した東野幸治(53)から「婚姻届って、さんまさんに何か?」と水を向けられた丸山。「明石家さんまさんが世界で一番好きです」と、ツイッターのプロフィル欄に記載するほどのファンである彼女は、「そうです、直接もらいに行きたかったんですけど、時期が時期なので間に人が入って、いただきましたよね」と告白。その後、2人が記入した婚姻届を手に、しかめっ面を浮かべるさんまの写真が公開された。

 婚姻届の証人欄にはさんまの署名(本名)と捺印が。さんまの表情について、テロップで「やめとけ!の表情」とも補足されており、丸山は「やめとけ!の表情ってなんですか!」と抗議した。さんまは「本並も一度経験してるやん、結婚生活を。何で丸山やってことや」と、辛口ジョークで盛り上げていた。

 2人は前日5日、さいたまスーパーアリーナで行われたファッションイベント「第31回マイナビ東京ガールズコレクション」に登場。ステージ上で結婚を生発表した。婚姻届は4日に提出したという。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース