山田涼介、田中圭と八嶋智人から“ボディータッチの嵐”「何だったんだ」

[ 2020年9月6日 14:00 ]

ドラマ「キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木」制作発表会で楽しそうにトークを展開する山田涼介(左)と田中圭
Photo By スポニチ

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介(27)、俳優の田中圭(36)が6日、都内で行われた11日スタートのTBSドラマ「キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木」(金曜後10・00)の制作発表会に出席した。

 「異母兄弟」という誰にも知られてはいけない秘密を抱えている新米刑事と型破りな破天荒刑事がバディを組み、東京・池袋で起こる凶悪事件に挑む刑事ドラマ。山田は同局の連続ドラマ初主演で、初共演の田中とバディを組む。

 撮影前、山田は「最終的に“圭ちゃん”と呼べるくらい関係を深めていけたら」と語っていたが、この日の会見で田中のことをしっかりと「圭ちゃん」と呼び、「こんなに仲良くなれるとは思わなかった。本当のお兄ちゃんみたいな感じと良好な関係を築けた様子。田中も「こんな弟がいたら最高」と仲睦まじかった。

 山田は撮影を振り返り、「ふとしたときに八嶋(智人)さんと圭ちゃんが僕のおしりと胸を触ってきた。それは何だったんだ」疑問。田中は「めっちゃいい体している。僕もトレーニングするので触りたくなっちゃう。すげーな、この筋肉みたいな。でもお芝居の中では触れないので、ふとした瞬間にどうしても触りたくなっちゃう」と照れながら明かした。

 約12年前、先生と生徒役で山田と共演したという八嶋は、ボディータッチの理由を「成長したボディを確認したい。視聴者代表として僕が確認している」と堂々と告白。さらに「街角で(山田が表紙の)『anan』を見てからもっと知りたい、もっと触りたいって思いが強くなった。僕の場合はお芝居中でも触るようにしていましたね」とドヤ顔で、会場を沸かせた。

 会見には関水渚(22)、「SixTONES」のジェシー(24)、江口のりこ(40)、椎名桔平(56)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース