内博貴、舞台で共演の山口真帆に「この子スターになるなと思った」

[ 2020年9月6日 05:30 ]

“文豪ポーズ”を決める山口真帆(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 俳優の内博貴(33)が主演する舞台「浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」が5日、東京・ヒューリックホール東京で開幕した。太宰治の若き頃の人生が題材。開演前に会見が行われ、内は「来てくださる方のために夢や希望など与えられるように全力でやる」と抱負を語った。

 共演するNGT48の元メンバーで女優の山口真帆(24)は舞台初挑戦。山口について「演出家からの指示に“分かりました!”ではなく“なるほど、了解”って答えていて、この子スターになるなと思った」とエピソードを暴露した。同所で13日まで上演。共演はほかに女優の谷村美月(30)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース