紗理奈、インスタに届く「今から殺しに行く」「死ね」…誹謗中傷に警鐘「恥を知りなさい!」

[ 2020年9月6日 11:10 ]

タレントの鈴木紗理奈
Photo By スポニチ

 女優でタレントの鈴木紗理奈(43)が6日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。自身のインスタグラムで、悪質なコメントを控えるようユーザーに訴えるきっかけになった出来事を明かした。

 「今から殺しに行くぞ」「死ね」など「ダイレクトに法を犯しているっていうレベルのコメントを連投されている方がいた」と紗理奈。「SNSって相手にダイレクトに伝えているっていう意識がなく書くじゃないですか。でも、ちゃんと届いているから」と語気を強め「言われて気分がいい言葉じゃないから!恥を知りなさい!」と、自民党の三原じゅん子参議院議員(54)の発言を交えながら苦言を呈した。

 心無い書き込みが寄せられたら、泣き寝入りせず「きっちり言っていくべき」ときっぱり。「あまりにもひどい場合は警察に相談に行きます、とか。芸能人やから何を言ってもいいという態勢じゃなくて、こちらもそうされたものに対しては、きちんと対処していくっていう姿勢を見せるべきだと思う」と語った。

 紗理奈は1日、インスタグラムで「衝撃的な悪質コメントがありました。反対意見などはもちろん真摯に受け止めますが、わたしは悪質なコメントには向き合いません。やめてください」と訴え「言葉は時として暴力になります。(こんな私でも傷つくことがまれにあります。笑)」とコメント。「そしてこの場はわたしがみなさんと繋がれるとても大切な場所です。失くしたくはありません。コメントの際には、一呼吸おいて良識なコメントを心がけてください。今一度リマインドしておきます。愛をこめて。よろしくお願いします」と呼びかけた。

 心配したファンから「一切反応せず、粛々とブロックするのが良い」とのアドバイスが送られると、「いつもそうしていますが、度を越したものについては見て見ぬ振りできません。発信することで全てのSNSの悪質コメント抑止力になるなら、発信していきます」と返信していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース