「半沢直樹」堺雅人「何を考えているんだ、先輩は」香川照之「お・し・ま・いDEATH!」後映像初公開

[ 2020年9月6日 22:43 ]

日曜劇場「半沢直樹」第2話。半沢(堺雅人・右)と大和田(香川照之)、因縁の2人がついに再会。別れ際、香川の「お・し・ま・いDEATH!」が炸裂(C)TBS
Photo By 提供写真

 新型コロナウイルスの影響により急きょ来週13日に延期となったTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)第8話に代わり、1時間の生放送特番「生放送!!半沢直樹の恩返し」(後9・00)が6日夜にオンエアされ、大反響を呼んだ俳優・香川照之(54)の「お・し・ま・いDEATH!」秘話が明かされた。香川のアドリブを受けた主演・堺雅人(46)は「『何を考えているんだろう、先輩は』と思いました」と苦笑いした。堺と香川は今作の番宣番組で共演しておらず、公の場に並ぶのは7月12日の制作発表以来、約2カ月ぶり。劇中さながら半沢&大和田の“リアル共闘”トークを展開した。

 第2話(7月26日)の名シーン。大型買収案件をめぐり、新たな敵・伊佐山(市川猿之助)から呼び出しを食らった半沢(堺)が、東京中央銀行を後にする場面。大階段を下りていくと、1階には大和田(香川照之)の姿があった。

 再び出向のピンチに陥っている半沢は、宿敵から人事に口利きしてもいいと助け舟を出されるが「お断りいたします。自分の身は自分で守ります」と拒否。すると、大和田は「はい、残念でした。そんなものは守れませんっ!組織に逆らったらどうなるか、君が一番よく分かっているはずだ。私はどんな手を使っても生き残る。だが君はもう、おしまいです。お・し・ま・い(英語の『th』の発音で少し舌を出し、親指を立てた右手で首を切るポーズをしながら)ですっ!」と言い放ち、その場を去った。

 「です」が「DEATH(死)」と重なる台詞回しと究極の“顔芸”に、インターネット上には「自分が堺雅人だったら、絶対笑うわ(笑)」などの書き込みも。視聴者の爆笑を誘った。

 香川は「これは結論から言うと、僕自身が考えたアドリブです。ただ、いろいろと流れがあって。パート2が始まる時に、どういうテンションで行くんだ、と。パート1の延長で行こうとなって(当該シーンは)土下座を食らって以来、大和田と半沢が会うシーン。台本は『君はもうおしまいです、半沢君』で終わっていたんですが、それだけだと僕の気持ちが足りなかった。だって土下座したままのところに(市川)猿之助さん(伊佐山役)が入ってくるわけで。大和田の何かの細胞が壊れているんですよ、人間として。そうじゃないと、立ち上がれない、なんてことはないわけです。そんな人間が宿敵に会った時に何か言ってやろうと思って(撮影の)前の日からずっと考えて現場に入って、堺さんと段取りをやって『です』と『DEATH』と合っているな、と思って。そこで昨日から生まれようとしていたものが、ポロッと生まれたんです」と振り返った。

 堺が「テストでも、途中からじゃないですか」と水を向けると、香川は「1回目から言うのは、頃合いがまだよろしくない。このアドリブはトップから行くか、4回目に言うか、微妙に考えました」。共演者からも驚きの声が上がり「『お・し・ま・いDEATH!』はたぶん(テイク)3回目ぐらいの寄り合戦になってから、とにかく堺さんに浴びせたいと思っていたから。反響?お子さまたちがマネをするのは、やめていただきたい、と。大和田暁しか言えない言葉なんだ、あれは。良い子はマネしちゃダメ」と続けた。

 カットがかかった後、堺が吹き出し、崩れ落ちて膝をつく映像も初公開。堺は「ひどい目に逢いました(笑)。テイクがいくつもあるから、その度に崩れ落ちていましたよ。1発目?『何を考えているんだろう、先輩は』と思いました。笑いを怒りに変える回路がないか、自分の中で探したんですが、なかったですね」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース