山口もえ コロナ感染から退院、感染原因は不明のまま…夫・田中は「もう少し入院予定」

[ 2020年9月6日 05:30 ]

タレントの山口もえ
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し都内の病院に入院していたタレントの山口もえ(43)が5日、退院した。所属事務所によると慎重に経過観察を行い、仕事関係者の安全確保を最優先に考えて仕事復帰していく。

 先月24日に風邪の症状が出て発熱。翌日にPCR検査を受け感染が確認された。同26日には夫でお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(55)も陽性が判明。長女(13)長男(9)次女(3)の5人家族で、まだ子供が幼いこともあり、家族全員で都内の保健所の指定病院に入院していた。

 この日、ブログを更新した山口は、自身と子供3人が退院したと報告。田中については「もう少し入院する予定」とした。田中は6日のTBS「サンデー・ジャポン」(前9・54)の生放送は欠席する。田中の所属事務所は「微熱が下がりきっていない状態。復帰はもう少しかかる」としている。

 山口は自らの症状を「インフルエンザのように急に熱が上がる」「4日後から味覚、嗅覚がおかしくなる」などと報告した。

 感染原因は不明のまま。「手洗いうがいを徹底していましたし、家族の健康を一番に気を使って過ごしていたにもかかわらず、感染してしまった自分が情けなくて悔しくて…」と思いをつづった。

 「お医者さまから気を落とさずにウイルスと闘いましょうと励ましていただき、その言葉にどれだけ救われたか分かりません」と感謝をつづった。

 声優を務めた映画「きかんしゃトーマス」のこの日午前に行われた舞台あいさつは欠席。司会が「もう元気なのですが、本日は大事をとって」とメッセージを代読した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月6日のニュース