高嶋ちさ子 20歳で「門限解除」 初めて見て「感動した」もの

[ 2020年9月5日 09:01 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリン奏者でタレントの高嶋ちさ子(52)が、4日放送のテレビ朝日系「ザワつく!金曜日」(金曜後7・00)に出演。門限がなくなって「感動した」ことについて振り返った。

 門限について、俳優の石原良純(58)は「うちの親は緩かった」というが、高嶋は「うちは20歳になるまで門限は夜7時だった」と、厳しかったことを明かした。

 そのため、20歳を迎えて門限が解除されると「初めてディズニーランドの夜のカーニバルを見られるようになった時は感動した」と回顧。

 19歳までは友人とディズニーランドに行っても「先に帰っていた」と言い、「7時を過ぎたら親が迎えに来ていたし、7時の夕食までに間に合わないといけなかった」とも。

 MCの「サバンナ」高橋茂雄(44)は「イメージとしては、ちさ子さんやったら“門限7時”を論破しそうな気がしますけど…」と投げかけられたが、高嶋は「うちの母親、めっちゃ怖かった。厳しかった」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月5日のニュース