楽天・浅村 ホームラン量産の裏に“秘話”、妻・淡輪ゆきが明かす

[ 2020年7月5日 20:34 ]

楽天の浅村栄斗内野手
Photo By スポニチ

 楽天の浅村栄斗内野手(29)の妻でフリーアナウンサーの淡輪ゆき(27)が、5日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演し、浅村の本塁打にまつわる“裏話”を明かした。

 昨年11月に結婚を発表した2人。球界を代表するスラッガーとの新婚生活は「『昨日の俺の2打席目どうだった?』『7回の守備はどうだった?』と細かく自分のプレー内容を聞いてくるから、全試合チェックしなければならない」と打ち明けつつ「毎日帰宅すると1匹ずつ猫をぎゅっと抱きしめている姿が本当にかわいくて大好きです」とのろけた。

 浅村は今季ここまでリーグトップの7本塁打と自己最速ペースでアーチを量産しているが、本塁打の裏にはこんな“秘話”も。「けんか中に試合があると、必ずと言っていいほどホームランを打つんですよ」とゆき夫人。「チームメートで、(結婚前)私たちの交際を知っている方からは、なかなかホームランが出なくなると『そろそろけんかしたら?』と言われる」と笑って打ち明けた。

 これを聞いた楽天の石井一久GM(46)の妻でフリーアナウンサーの木佐彩子(49)は「けんかね、けんかですね!」と“好調の鍵”を聞き、笑みを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月5日のニュース