本田翼が、真剣佑がリモート同窓会で事件に…秋元康氏企画・原案ドラマ、26日放送

[ 2020年7月5日 05:00 ]

日本テレビのスペシャルドラマ「リモートで殺される」に出演する(上段左から)新田真剣祐、本田翼、柄本時生、齋藤飛鳥(下段左から)前田敦子、前野朋哉、早乙女太一
Photo By 提供写真

 本田翼(28)、新田真剣佑(23)らが日本テレビのスペシャルドラマ「リモートで殺される」(26日後10・30)に出演する。企画・原案は作詞家秋元康氏(62)、監督は「リング」シリーズを手掛けたホラー界の巨匠・中田秀夫氏(58)という強力タッグで送る。

 舞台は、外出自粛期間中に高校の同級生6人が行ったオンライン同窓会。リアルタイムで急展開するミステリーで、リモート中に別の同級生の部屋から出火して焼死体が見つかったニュースが流れ、6人の中の誰かの家のチャイムが鳴る。6人は高校時代に自殺した女子生徒の秘密を抱えており、この自殺の真相を探るうちに連続殺人に巻き込まれていく。

 リモートの画面上で繰り広げられる会話劇。秋元氏が日テレとのリモート会議中に「パソコンの画面の中のスタッフの向こう側が気になる」と言った一言を契機に企画が立ち上がった。本田は「新しい時代が来ていると感じる今、ピタッとはまるドラマになっています」とPRしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月5日のニュース