木村拓哉 メル友の爆問・太田から熱いドラマ感想文、共演前には「たっくん、今日よろしくね」

[ 2020年7月5日 15:29 ]

木村拓哉
Photo By スポニチ

 俳優・木村拓哉(47)が5日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)で、この日のゲスト、お笑いコンビ「爆笑問題」太田光(55)とのメールのやりとりを披露した。

 普段からメールのやりとりをするほど親交が深い2人。昨年のTBSドラマ「グランメゾン東京」が放送された際は、太田が感想を送ってくれたそうで「第1話が終わった直後ぐらいに『見たぞ。やっぱり、こういう話をまっすぐ伝えられるのは、お前だけだな』」と、熱い文章が届いたことを明かした。

 「グランメゾン」だけでなく、今年1月放送のフジテレビドラマ「教場」についても、同じく熱い感想文が。木村は「『正月にピリッとした気分をさせてくれて…こんなことができるのはお前だけだぞ』と。それも前編、後編と両方送ってくれて」と太田からのメールの内容を説明した。この日の収録前には「たっくん、今日よろしくね」とのメッセージ。暴露された太田は「いかにおれがうれしかったか分かるだろ」と恥ずかしそうに笑った。

 太田は携帯電話を所持しておらず、メールのやりとりをする際はパソコンを使用。木村は以前まで「“こういうときは照れ笑いかな”みたいな感じで絵文字を入れてた」そうだが、パソコンでは絵文字が変換されていなかったらしく、太田から「たっくん、ごめん。おれパソコンで送ってるから、文字化けしてるんだよね」との連絡が。それ以降、木村は「絵文字を入れちゃいけないんだと思って、気を付けてます」と話すと、太田は「どういう感情か分からないから、不安になるんだよ」と大笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月5日のニュース