狩野英孝 上沼恵美子の“公開処刑”に感謝 世間の優しさ実感「えみちゃんがあそこまで言うんやからって」

[ 2020年7月5日 12:36 ]

お笑いタレントの狩野英孝
Photo By スポニチ

 お笑いタレント狩野英孝(38)が5日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演し、MCのタレント上沼恵美子(65)の“公開処刑”に感謝した。

 「怪傑えみちゃんねる」など、上沼の番組に多数出演歴がある狩野は、そのたびに上沼からにいじり倒されるケースが多々ある。ところが、この日の上沼は、狩野が恋人と同棲中であることを話題に「今の調子でいったらどうですか?結婚は何か見えた時にね。彼は言うたらあれやけど、とっかえひっかえの人生でしたやんか、女の人。だけど汚れてないな。清潔感あるわ」と、多少の毒を吐きながらも甘口なコメント。「ボロクソ言うてきたので、よく分かるんですよ。へこたれないし」と続けた。

 これに対し、狩野は「世間の方、ロケで会うと優しいんです」と話し、ロケ現場でよく激励の言葉を掛けられることを明かした。「よく言われるのが、上沼さんから『クギズケ』とか『えみちゃんねる』でも、言い方は悪いですけど、公開処刑かと思うくらい、めちゃ言って下さるんですよ。道歩く人が『えみちゃんがあそこまで言うたら、うち言うことあらへん』って、優しいんです。『えみちゃんがあそこまで言うんやから、愛やで、あれ』って」。それを聞いた上沼は「私の信者は結構いるんだよ」とドヤ顔で語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月5日のニュース