高橋メアリージュン「1日100単語」夢のため英語勉強中 いつか恵まれない子供の支援やハリウッド進出を

[ 2020年7月5日 05:30 ]

スマートフォンのアプリで単語を覚える高橋メアリージュン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 【夢中論】女優でモデルの高橋メアリージュン(32)。元気いっぱいのいつもの姿からは想像できないが、いくつもの苦難を乗り越えてきた。そんな高橋は今、英語の勉強に没頭中。未来を見据える大きな夢があった。

 流ちょうな英語と日本語が聞こえてきた。「call in…電話で報告する」「sum up…要約する」。

 撮影の合間の控室。スマートフォンを手にした高橋が画面に表示された英語を読み上げ、その後、日本語訳をつぶやいていた。

 「英単語を1日100個覚えているんです。ステイホームの時期から英会話のリモートレッスンを始めました。次の回でテストがあるからもう必死(笑い)。単語は出合った回数が多いほど覚えると聞いたので、次!次っ!ってやっています。大変と言いながらも凄くく楽しい。本気も出てきています」

 コロナ禍で収録や撮影がストップした今年4月からの新習慣。米留学経験があり、聞く力には講師から太鼓判を押されたが、英語の読解力をアップするには単語と文法の強化が必要と助言された。起床後、就寝前、そして移動時間や待ち時間。空いているほとんどの時間を英語に費やす。

 「ずっとやりたいと思っていたこと。ここ2年ぐらいでスピーディーに行動に移せるようになりました。それまでは“石橋を叩いて叩いて叩いても結局渡らない”って性格だったけど。最近は自分の声に従っている。そんな自分がめっちゃ好きって思えるようになりました」

 経験が少しずつ性格を前向きに変えているようだ。明るくはじけるような笑顔からは想像できないが、大病を2つも乗り越えた。

 25歳だった2013年、難病の潰瘍性大腸炎を患った。度重なる腹痛と下痢に襲われ、食事や水でさえ喉を通らなくなり、オムツをはいて臨んだ撮影もあった。苦しむ中で同じ病気の人たちやファンからの情報で知った病院に行き、ようやく治療が体に合って完治したという。「当たり前だと思っていた日常に数え切れない幸せがあることを知った」と振り返る。

 16年11月には、たまたま勧められて受けた検査で、29歳の誕生日に子宮頸(けい)がんが見つかった。大きな不安を抱えながら手術を受け、その後の検査で克服できたと知らされた。痛感したのは早期発見の大切さ。

 多くの人に検診を呼び掛け、自身も「今の体調は絶好調だけど、いつ何が起きるか分からない」と、現在も半年に1回受診している。

 経験から強く感じたのが自分の声を大切にしようということ。「人のことばかり考える人もたくさんいる。それも優しくていいけれど、自分の人生。自分のことも大切にしてあげようって伝えたい」

 そして抱いている夢がある。「才能があるのに環境に恵まれていなくて学校に行けないと諦めている子供を支援したい」。だからこそ、英語の勉強にも力が入る。

 「支援にはお金が必要。その資金のために化粧品のプロデュースとかの事業をやりたい。海外の人と契約書を交わせるぐらい英語ができるようになりたいんです。契約書って日本語でも難しいけど(笑い)」

 いつも持ち歩いている文法の参考書は終盤のページまで進んだ。熱心に書き込んだ跡がある。「役作りやセリフを覚えていく作業と似ていますね。女優の仕事と同じく続けることが大事と改めて思います」。地道な努力を苦痛に感じないことが大きな力になるのは間違いない。

 「ハリウッドとか、海外の作品に出たい」という目標もある。自分の声を聞いて進む道。高橋はどんな明るい未来を手にするのか。期待が大きく膨らんでいく。

 《家族への思い…自伝好評》○…高橋の著書『わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』(KKベストセラーズ)が5月27日に発売された。2018年1月に出版された初の単行本『Difficult?Yes.Impossible?…No.わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』に大幅に加筆したものを文庫化。生い立ちや病気、仕事などで経験したことを笑いあり涙ありでつづったもの。中でも家族への思いは温かい気持ちにさせられるものが多く、出版関係者からも「コロナ禍で家族を顧みる人が多い中、ヒントになる本」といわれる。高橋は「目を閉じた時にいろんな人の顔が浮かぶだけで幸せ。そういう誰かを思うきっかけになるかもしれない」と話している。

 ◆高橋メアリージュン(たかはし・めありーじゅん)1987年(昭62)11月8日生まれ、滋賀県出身の32歳。日本人の父とフィリピン人の母を持つ。妹はモデルの高橋ユウ(29)。弟の高橋祐治(27)はJ1柏DF。03年「横浜・湘南オーディション」でグランプリを獲得し芸能界デビュー。04年からファッション誌「CanCam」専属モデル。12年にNHK連続テレビ小説「純と愛」で女優デビュー。1メートル69。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月5日のニュース