磯野貴理子「ちょっとしたプチ整形よ」衝撃的な姿に森尾由美すかさずフォロー「スタイリッシュ!」

[ 2020年7月5日 20:36 ]

磯野貴理子
Photo By スポニチ

 タレントの磯野貴理子(56)が5日放送のフジテレビ「はやく起きた朝は…」(日曜前6・30)に出演。大胆なイメチェン姿を披露する場面があった。

 老眼歴8年という58歳の視聴者から届いたハガキを紹介した流れで「私もとうとう来ましたよ!老眼よ!」と声を張り上げて自身の老化現象を報告した磯野。「新聞だってヤバイぐらいになって来て」とし、ついに初めての老眼鏡をつくったことを報告した。

 メガネ店では、対応してくれた女性店員とともにメガネのフレーム選び。様々なフレームを試着し、店員からの「スタイリッシュですね」の一言がかかったものに決めたという。磯野は「優しいとか女らしいとかかわいいよりもスタイリッシュにピンと来ちゃった!」そうで「見てくれる?私のスタイリッシュ老眼鏡」と、黄緑色のメガネケースから取り出した黄緑色の何ともド派手な老眼鏡姿を披露した。

 1994年開始の前身番組から続く同番組で長年共演する森尾由美(54)と松居直美(52)は一瞬言葉に詰まったものの、森尾が「スタイリッシュ!」とすかさずフォロー。スタジオにいるスタッフからの微妙な空気に「あれ?なんで笑い声が聞こえてんの?私、本気で真面目にこれ…」と磯野は不服そうな声を出したが、松居も「でも、カッコいいと思う」と笑顔で優しく声をかけた。

 「これ、ベルギーのなの」と老眼鏡について説明した磯野は「老眼鏡は老眼鏡に見えないものがいいみたいなこと言われて」とあえて黄緑色のものを選んだと告白。「老眼鏡こそどんなのにしてもいいんだって。だって、家でかけたりするぐらいじゃん」と楽しそうに話した。「いろいろ欲しいなって思って。メガネってこんな楽しいんだって思って」とメガネのおしゃれに気付いたという磯野。「ちょっとしたプチ整形よ」とし、笑う2人に「イメージが、印象が全然変わるから」と言葉を返し、黄緑色が磯野の応援するプロ野球ヤクルトのチームカラーであることを指摘されると「そうね」と恥ずかしそうに笑っていた。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月5日のニュース