土田晃之 児嶋のオファーで「白黒アンジャッシュ」に出演も「やっぱ渡部必要だなって」

[ 2020年7月5日 13:34 ]

土田晃之
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの土田晃之(47)が5日、ニッポン放送「土田晃之 日曜のへそ」(日曜正午)で、不倫スキャンダルで活動自粛中のアンジャッシュの渡部建(47)の代役を務めたことを報告した。

 相方の児嶋一哉(47)から、渡部の件で「いろいろコメントとか求められるかもしれないけど、ごめんね」などとLINEが届いたことを紹介。「全然いいよ。そんなの、渡部のこと悪く言うから(笑)」と返したという。

 さらに「児嶋はみんなから愛されてるから、という意味で“児嶋のことは心配してないから”」と送ったら、児嶋から「心配しろよ」の返信が。土田が「何でも力になるから、どこでも行くからさ」と呼び掛けると、千葉テレビ「白黒アンジャッシュ」への出演を求めてきた。

 過去にも2度ほど出演しており、「“白黒アンジャッシュ”なら楽しみに行けるわ」と伝えると、1週間も経たないうちにオファーが来て、6月28日の「日曜のへそ」生放送を終えた後に千葉テレビへ。大久保佳代子(49)との3人で収録に臨んだ。

 本番直前の児嶋との打ち合わせを振り返り、「“オープニングで大久保さんと2人でしゃべるから、その後、土田呼ぶけど…”って言って。本当に1分も経たずに呼びやがって。下手だなと思って。やっぱ渡部必要だなって改めて思ってね。でもすごい楽しかった」。

 これで「“貸し”ができたんで、この番組に児嶋に来てもらって」と再共演を思い描いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月5日のニュース