太田光、都内感染者増に前向き思考 歌舞伎町「1カ月後には東京で一番安全な歓楽街になる可能性」

[ 2020年7月5日 11:22 ]

「爆笑問題」の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(55)が5日、MCを務めるTBS系「サンデージャポン」(日曜前9・55)に生出演。東京都の新型コロナウイルス感染者数が増加していることについてコメントした。

 「感染者が増えてるって言い方するじゃないですか。でも、これはPCR検査の陽性者が増えてるわけであって、その中には微陽性と言われるものも含まれるわけだから。感染者が増えてるって言うと、いかにもその感染がどんどん広がってる感じがするんだけど、歌舞伎町なんか特に集団検査っていうのをやってるわけですよね。それで20代、30代が見つかってるというのは、今まで見つかってなかった部分が見つかりだしたってこと」と話した太田。

 「それが陽性になれば家に待機してもらって2週間っていうのやってるわけだから、その人がクラスターを起こすことを防いでるって考えると、決して悪い状況だとは思えない」と、とらえ、感染が相次いで報告されている歌舞伎町については「歌舞伎町が多いって言うけど、彼らが今度帰ってきた時に、歌舞伎町全体の集団免疫率上がるわけですよね。そうすると、もうしかすると、1カ月後には東京で一番安全な歓楽街になってる可能性がある。無敵の街になっている可能性もある」とも推測。「そのことも考えて、割と前向きに考えた方が俺はいいんじゃないかと思う」と私見を述べていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月5日のニュース