デーブ・スペクター氏 芸能人の事務所退所で持論 自己プロデュースできるタレント「ほとんどいない」

[ 2020年7月5日 11:58 ]

デーブ・スペクター氏
Photo By スポニチ

 放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が5日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前9・55)に生出演。相次ぐ芸能人の事務所退所について言及した。

 今年に入ってから芸能人らが続々と所属事務所を退所している現状が紹介されると、デーブは「異議がある。まるで退所が流行してるみたいでちょっと甘いと思う」と切り出した。

 「タレントの使い方は、芸能プロダクションと局と制作会社の間で決めることでなんですよ」と指摘し、セルフプロデュースできるタレントは「本当にほとんどいないんですよ」とコメント。「よっぽど何かない人でないと無理ですよ」とチクリとやった。

 「プロダクションに所属しているから仕事がくるっていうのが、ほとんどの人なんですよ。だから、これをよしと思っていいかどうかは別問題だと思う」と、まくし立てていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月5日のニュース