藤井七段 9日初タイトルへ必勝祈願メニュー発売 地元瀬戸市商店街

[ 2020年7月5日 05:30 ]

藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の藤井聡太七段(17)が9日に初タイトル獲得を懸けて渡辺明棋聖(36)と対局する棋聖戦5番勝負第3局を前に、地元の愛知県瀬戸市の飲食店には必勝祈願メニューが登場した。

 「せと銀座通り商店街」では同日に、食べ歩きをしながら楽しめるイベントを計画。日本茶専門店「お茶彦」では白玉を白星になぞらえて3個トッピングした「三勝白星抹茶クリームぜんざい」(税込み500円)を準備。猫カフェ「にゃーにゃーにゃー」では3連勝での初タイトルの願掛けで「聡太カツサンド(勝つ3度、仮称)」の販売を予定。代表の佐藤暢晃さん(49)は「将棋や商店街が盛り上がるきっかけになって、訪れた人に楽しんでもらいたい」と声を弾ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月5日のニュース