里田まい マー君の頭部打球直撃にコメント「場所が場所なだけに、焦ることなく、油断せず大事に」

[ 2020年7月5日 23:20 ]

タレントの里田まい
Photo By スポニチ

 タレントの里田まい(36)が5日、自身のインスタグラムを更新。夫の田中将大投手(31=ヤンキース)が4日(日本時間5日)、キャンプ再開初日でシート打撃に登板し、ジアンカルロ・スタントン外野手(30)の打球が右側頭部を直撃するアクシデントに見舞われたことについて「無事でよかった」とつづった。

 まい夫人は「主人の件、本当に本当に沢山の方が心配してくださり、ご連絡してくださいます。DMも、ありがとうございます。気にかけてくださって、ありがたい限りです」と励ましの声に感謝。CTなどの検査で異常は見つからなかったことを受け「無事でよかった。。。まず、そう思いました」と安どした。

 調整の遅れは避けられず、開幕から先発ローテーション入りすることは厳しい状況となったが「もちろん早く良くなってほしいけど、場所が場所なだけに、焦ることなく、ゆっくりじっくり、油断せず、疑いながら、大事にしなくてはいけない。今はそんな風に、思っております」と今後についてコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月5日のニュース