ロンブー亮 吉本興業への復帰の可能性について「感謝している」も「あんまり考えられないかな」

[ 2020年7月4日 16:07 ]

「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮
Photo By スポニチ

 吉本興業の闇営業問題で謹慎していた「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(48)が4日、謹慎前までレギュラーを務めていた関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に相方の田村淳(46)とともに出演、吉本興業への復帰の可能性について思いを明かした。

 亮は初代店長として16年の番組スタート時から出演しており、「闇営業問題」のため昨年6月22日の放送回を最後に出演を自粛。約1年ぶりの出演となった。

 現在は、淳は吉本興業に所属しているものの、亮は淳が社長を務める株式会社LONDONBOOTSに所属。吉本興業の仕事もエージェント契約を通して活動を行うこともある。

 「ナインティナイン」の岡村隆史(50)から「最終的には吉本に帰ってくるってことはないの?(吉本の大崎)会長とラジオに出たりとか(している)」と指摘。淳も「僕としてはそうなるのがベストだなと思っていますし、あとは亮さんの気持ち次第。頑固なんで」と応じた。

 亮は「自分の中では感謝はもちろん(ある)。今でもよく動いてくれている方ばっかりやから。感謝しているんですけれど」としつつ、「自分が淳に間に立ってもらって、会社作っているのを、これをなんか動かすってことを一生懸命やらないと、今度は淳にも失礼やし」と説明。「これを投げ出して、すぐ吉本戻ります!とか、そういうのはあんまり考えられないかなとは正直(思う)」とした。

 それを聞いていた淳も「どうなるかわからないですけどね、僕が問題起こして、僕が吉本去ることがあるかもしれないですから」と苦笑した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月4日のニュース