さまぁ~ず三村 進化する東京メトロに困惑「増えすぎて分かんない」「今そんな親切になってるの」

[ 2020年7月4日 18:43 ]

お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(53)が4日、自身がパーソナリティーを務める「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(土曜後5・10)で、東京の地下鉄事情について話す一幕があった。

 始まったばかりの下半期をより良く過ごすため、上半期を振り返った2人。先月6日、東京メトロ日比谷線に新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業したことに、三村は「知らなかった。虎ノ門ヒルズ駅できたんだ。もうさ、東京の地下鉄ってさ増えすぎて。俺が学生だった頃とは、もう全然違うんだよね。別に通う会社もないから分かんないのよ。地下鉄が」と打ち明けた。

 共演の小島瑠璃子(26)は「(前に比べて回数は)減りましたけど今でも地下鉄に乗ります。乗り換えとか、楽しめば楽しいですよ」と話し、駅に貼りだしてあるマップや案内表示等で、次の乗り換えで効率の良い車両をあらかじめ知ることができると説明。これに三村は「今、そんな親切になってるの?昔、俺らは自力で編み出したぜそれ」と、進化に驚いていた。

 また、自身の印象的だった出来事に関して、「さまぁ~ず」のライブを無事に開催できたことを触れたうえで、他には任天堂のゲームシリーズ「どうぶつの森」を挙げた三村。「唯一、ずっとずっ~とやってる。だってもう一番、ステイホームなんだもの」と、しみじみ語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月4日のニュース