児嶋一哉「ブランチ」“渡部イジリ”の裏側 藤森慎吾に相談「あいつの騒動の後、スタジオ初めてじゃん」

[ 2020年7月4日 11:27 ]

「アンジャッシュ」の児嶋一哉
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(47)が4日、TBS「王様のブランチ」(土曜前9・30)に生出演。相方で番組MCの渡部建(47)の無期限活動休止に触れた、この日のオープニングトークの裏側を明かした。

 児嶋は同番組の準レギュラーで、4カ月ぶりにスタジオ出演。オープニングトークで「渡部どうしたの?」とボケをかまし、オリエンタルラジオ・藤森慎吾(37)から「あんたが一番分かってるだろ!」「ネット見ろ!」と突っ込まれた。

 その後、児嶋が担当するコーナー「コジドライブ」が放送された。今回は新型コロナウイルス感染予防の観点から、児嶋の隣に小型のAIロボットを座らせて収録。終盤になって藤森がサプライズで登場し、男2人でバーベキューを楽しんだ。

 バーベキューを終え、児嶋は渡部の活動休止後初となるスタジオ出演を見据えて「あいつの騒動の後、ブランチのスタジオ初めてじゃん。今さら重くする段階じゃないと思うから、ボケを考えてきた。“きょう渡部は?”ってボケようと思う。慎吾に突っ込んでもらうしかない」と藤森に相談。藤森とオープニングトークの予行演習を終え、「あっちゃん(中田敦彦)とそんなに一緒に活動してないじゃん。コンビ組まない?」とジョークを飛ばした。

 最後は「これからも児嶋一哉をよろしくお願いします」のテロップ付きでコーナーが終了。スタジオに映像が切り替わると、児嶋は「ここでやるって決めてたのよ。だからオープニングめちゃくちゃ緊張してた」と明かしていた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月4日のニュース