有吉弘行 アンジャ渡部のスキャンダル発覚に「一番見る目があったのは俺とか、おぎやはぎ」

[ 2020年7月4日 12:12 ]

お笑い芸人の有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(46)が3日深夜、TBS「有吉ジャポン2 ジロジロ有吉」(金曜深夜0・20、初回1時間スペシャル)に出演。複数の女性との不倫スキャンダルで活動を自粛中のアンジャッシュの渡部建(47)を引き合いに、見る目があったのは「俺とか、おぎやはぎ」と語り、共演者たちを納得させた。

 2012年にスタートした人気番組「有吉ジャポン」からリニューアル版で、出演者が“人を見る目”を養うために、さまざまなことをジロジロ見る番組。リニューアル後、最初のトークテーマは「結婚したらいい夫になる男性ってどんな人?」。進行の田中みな実(33)が「これはね、独身のわれわれは気になるテーマですよね」と興味を示した。

 そんな中、有吉は「分かんないんじゃない。渡部さんのこと、いい、いいって言ってさ」といきなりぶっ込んだ。さらに、「世の中のだいたいの女性は、『渡部さんいいわ~』「おしゃれね~』『おいしいご飯知ってるわね~』って言っといてこれだから」と以前から渡部の好感度を疑問視していたと主張。「誰が一番見る目があったかって言ったら、俺とか、おぎやはぎだから」と見る目に自信を見せた。

 その言葉に、タレントのみちょぱこと池田美優(21)ら共演者は「確かに、それはそうだ!」と同意し、スタジオは笑いに包まれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月4日のニュース