上沼恵美子“暴走” キンコン梶原を集中口撃 降板に追い込む

[ 2020年7月4日 05:30 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 関西の女帝の異名を取るタレントの上沼恵美子(65)が6月の番組収録で「キングコング」梶原雄太(39)を約20分にわたって罵倒し、降板に追い込む事態に発展。周囲のスタッフからは今後の“暴走”を心配する声が上がっている。

 上沼は関西で冠番組を多数持ち、主に可愛がっているタレントで周りを固めてきた。その中で突如、目をかけてきた梶原を集中攻撃。6月中旬に収録が行われた関西テレビ「快傑えみちゃんねる」の一部がお蔵入りとなった。

 スポニチ本紙では、その詳細な状況を確認。上沼は梶原に「何度もおごってきたのに義理を欠いている」と詰め寄り、1人10万円の高級料亭に招待するよう求めた。梶原が渋ると「あんた東京へ、はよ帰りや」などと激しい言葉を掛け続けた。「あなた、途中から入ってきた子やんか。この番組に最初からブッキングされた司会者ちゃうやんか」と吐き捨てる場面もあった。

 他の共演者も口を挟むことができず困った表情を浮かべるばかり。スタッフは「公開処刑のようでした。たまに笑いは挟むものの梶原さんは収録中、顔が引きつっていた。女帝にあれだけ言われたら精神的にかなりきつい」と証言した。

 関係者によると、この出来事を機に、梶原は自ら同番組と、隔週レギュラーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」の降板を申し入れたという。すると6月29日の「…こころ晴天」で、上沼は梶原の降板を本人不在の場でいきなり発表。その理由を「東京から行ったり来たりがしんどいということで」と説明した。

 別のスタッフによると、「梶原は“そんな理由ではない。事実ではないので修正したい”とすぐに周囲に相談したそうです」。その後、梶原はSNSに上沼の発言を否定する書き込みをした。

 実はこの騒動「快傑…」の構成作家を務める上沼の次男が、上沼に「梶原はYouTubeでもうかって番組を適当にやっている。本気で向き合ってない」などと進言したことが引き金だったとみられる。別のスタッフは「次男は、上沼さんが梶原さんを可愛がるあまり嫉妬もあってそんな行動に出てしまったのでは」と指摘した。

 上沼は自らを番組で「コロナ鬱(うつ)」と表現。関係者は「上沼さんは笑いを大きくするため、あえて毒舌を吐いたりする。今回は、それがよくない形で出た。現在は精神状態も不安定。いつ矛先が向かうかと在阪各局も戦々恐々としている。次の被害者が出なければいいのですが…」。レギュラーを持つ各局は“暴発”を防ぐため情報共有を行う事態に陥っている。女帝の怒りが早急に収まることを願うばかりだ。

 ▽「快傑…」収録の詳細 「ごちそうになるときの作法」についてのトーク中、上沼が突如梶原に「一度私にごちそうすべき」などと厳しい表情で話し掛けた。高級料亭に20人のスタッフを招待し、200万円分をおごれと迫る場面も。梶原が承諾しても「あなたとは食事しない。嫌いやから」と突き放した。終盤はYouTubeで稼いだ梶原の態度が変わったと主張し「本気で怒ってる。イラついてんねん、君に!」と声を荒らげた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月4日のニュース