庄司智春、妻・藤本美貴の出産秘話明かす「ザコシショウみたいって思いながら背中さすっていました」

[ 2020年2月24日 22:44 ]

品川庄司の庄司智春
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(44)が23日深夜放送のテレビ東京「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(日曜深夜2・05)にゲスト出演。妻でタレントの藤本美貴(34)の出産に立ち会った際のエピソードを語った。

 先月24日、第3子となる次女を藤本が出産。番組MCの博多華丸(49)から祝福された庄司は、「みんなで立ち会ったんですよ。義理のお母さんと僕と子供たちと立ち会って。安産中の安産でした。2時間で」と報告した。
 
 「産道が3人目だからスッといくんですよ。最初から全部立ち会っているので、イキミ方もすごい余裕が出てくるんですよ」と庄司。最初の出産の際、藤本が苦しそうだったと振り返った上で、「今回は『うーーん』って出ました」と表現。華丸が、お笑い芸人・ハリウッドザコシショウ(46)がネタ中に見せる掛け声に似ていると指摘すると、庄司は「そう、ザコシショウみたいな。ザコシショウみたいだなって思いながら背中さすっていました。そしたらポーンって出て、2時間の安産で」と話していた。

 庄司は、2009年7月に藤本と結婚。12年3月に長男・虎之助君、15年8月に長女・羽沙(つばさ)ちゃんが誕生している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月24日のニュース