チュート徳井義実 きょうから芸能活動再開 税理士と新たに顧問契約 吉本興業が発表

[ 2020年2月24日 09:59 ]

「チュートリアル」徳井義実
Photo By スポニチ

 7年間で計約1億2000万円の申告漏れを東京国税局から指摘され、昨年10月から芸能活動を自粛していたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が、スポニチ本紙既報通り、24日をもって芸能活動を再開すると同日、吉本興業が発表した。

 吉本興業は、徳井がすべての納税手続きを完了したことを報告。東京在住の税理士と新たに顧問契約を結んだことも発表した。

 徳井は、昨年10月に計約1億2000万円の申告漏れがあったことが発覚。09年に個人事務所を設立しており、そこを通じてギャラを受け取る際に2016年から18年にかけて所得を一切申告していなかった。それ以前も度々、申告漏れを指摘され、12年からの7年間の追徴課税額は1億円を超えるとみられる。昨年の釈明会見では「原因は私のだらしなさとルーズさ」と説明。納税に対する意識の低さから世間では批判の声が広がった。

 報道各社へ送られた吉本興業のコメント全文は以下の通り。

 弊社所属のチュートリアル徳井義実は、無申告未納付問題により、昨年の10月26日付で活動を自粛しておりましたが、2月24日を以て、活動を再開させていただくことになりましたので、報告いたします。

 徳井義実は活動自粛後、今回の件を重大な問題として捉え、猛省し、関係各位の協力、指導のもとにすべての納税手続きを完了いたしました。また、専門家の指導のもとで税務や保険手続きに関する理解を深め、今後同様の手続き漏れがないよう意識向上を図るとともに、より日常的に緊密なコミュニケーションが取れる体制とすべく、東京在住の税理士と新たに顧問契約をいたしました。

 弊社、及び、徳井義実といたしましては、こういった状況を勘案し、活動再開に関して関係各位と相談の上で上記判断をさせていただきました。今後の芸能活動に関しても、関係各位と相談の上で決定してまいりたいと考えております。

 関係各位、ファンのみなさまには多大なるご迷惑をおかけしましたことを、改めてお詫び申し上げます。

 ◆徳井 義実(とくい・よしみ)1975年(昭50)4月16日生まれ、京都府出身の44歳。大阪NSC13期生。98年に福田とチュートリアルを結成し、06年のM―1グランプリで優勝。俳優活動も行っておりフジテレビ「セシルのもくろみ」などに出演した。趣味はバイクなど。1メートル78、63キロ。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月24日のニュース