NHK「おはよう日本」抜てきの中山アナ まさかの変顔披露も「もっと出来ます」

[ 2020年2月13日 19:06 ]

<NHK2020年度新キャスター取材会>フォトセッションを行う(前列左から)中山果奈、森下絵理香、高瀬耕造、桑子真帆、和久田麻由子、有馬嘉男、阿部渉、浅野里香(後列左から)吾妻謙、田村直之、池畑修平、今井翔馬、保里小百合、高井正智、林田理沙、原大策の新キャスター(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 NHKは13日、春の改編に伴う各番組キャスターの交代を発表。新年度の3月30日から「おはよう日本」(前5・00)に加わる中山里奈(29)は取材会で、まさかの「変顔」を披露して笑いを誘った。

 局が配布したプロフィルには特技に「顔芸(豊かな表情には自信あり)」とあり、記者が「これは報道番組でどう生かされるか?」と問いかけると、まず番組の先輩共演陣らに「生かしていいものでしょうか…」とお断り。

 詐欺の関連報道にちなんで「だまされない顔をやってみてもらえますか?」と取材陣がリクエストすると、その場で応えた。その瞬間、この日一番の撮影フラッシュを浴び、「(番組でも)発揮できる場面があれば。もっといろんな表情が出来ますので『おはよう日本』で披露できる場があると思います」とノリの良さを見せた。

 現在担当中の「首都圏ネットワーク」では詐欺被害防止コーナーに関わっている。視聴者から「“詐欺の子”、“詐欺の人”、“詐欺のお姉さん”と言われることがあるんですけど、そこを“朝の子”、“朝の人”、“朝のお姉さん”と呼んでいただけるように。精いっぱいの笑顔で(番組を)お届けできればと思います」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月13日のニュース