NHK 来年度レギュラー出演者の不祥事防止策発表、「確認書」を導入

[ 2020年2月13日 15:53 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKの木田幸紀放送総局長が13日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、相次ぐレギュラー出演者の謹慎や逮捕などを受けて、対応策を発表した。

 まず「去年大河ドラマで不祥事が続き『麒麟がくる』放送開始日が遅れるなど、視聴者のみなさまに大変ご迷惑をおかしました」と謝罪。「こうした事態を受けて、NHKでは来年度の新番組から大河ドラマ、連続テレビ小説を含む定時番組へ出演していただくレギュラー出演者について、正式な契約書を交わす前に、違法薬物や反社会的勢力と関わりがないことを確認していただき、その旨を書面でご提出いただくことにいたしました」と、プロダクションなどに呼びかけた。

 この書面は「薬物については今後、刑事罰を科せられたり、捜査機関に嫌疑をもたれたりする恐れがあるような事実がないこと、現時点で違法薬物を使用または所持していないことを誓約していただく内容」としている。

 「反社会的勢力との関わりについては、契約書の内容を前倒しして示し確認します。これまでも所属事務所を通じて事前に確認作業を行ってきましたが、より確実に行っていきます」と強調した。

 これまでの「契約書」に加え、「確認書」を加える。出演者と、所属事務所の代表者の2人に署名してもらう。

 木田放送総局長は、「正式な契約書というのは時間がかかって、出演を決めていただく時から、取り交わすときまでかなりタイムラグがある」と事情を説明。違約金などの記載は契約書に加わえるかもとした上で、不祥事に対する「一種の抑止効果はあるんだろうなと考えている」と述べた。

 昨年は大河ドラマ「いだてん」にレギュラー出演したピエール瀧(51)がコカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で有罪判決を受けるなど、出演者の途中降板が相次いだ。「麒麟がくる」に起用し、麻薬取締法違反罪で有罪判決を受けた沢尻エリカ被告を巡っては、川口春奈(24)を代役に立てて撮り直したため初回放送日を2週間延期する異例の事態となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月13日のニュース