NHK 夕方のニュース合戦にエース投入 阿部アナ5時夢に宣戦布告?

[ 2020年2月13日 16:37 ]

<NHK2020年度新キャスター取材会>フォトセッションを行う(前列左から)中山果奈、森下絵理香、高瀬耕造、桑子真帆、和久田麻由子、有馬嘉男、阿部渉、浅野里香(後列左から)吾妻謙、田村直之、池畑修平、今井翔馬、保里小百合、高井正智、林田理沙、原大策の新キャスター(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 NHKは13日、木田幸紀放送総局長の定例会見で、春の改編に伴う番組キャスターの交代を発表。

 新年度の3月30日から報道番組「ニュース シブ5時」(月~金曜後4・50)のメインは阿部渉アナウンサー(52)が担当することになった。

 民放各局が“ニュース合戦”を繰り広げる夕方枠にエース級を投入する。「ニュースをいかに分かりやすく伝えていくか。大きな使命でありますが、さらに一歩踏み込んで勝負をかけていきたい。これまでの経験を生かしながら貢献できれば」と意気込んだ。

 前日12日には、阿部アナの“番組人事”の内定が裏番組のTOKYO MXテレビ「5時に夢中!」で紹介された。これについて阿部アナは「ちょっとフライング気味ですが」と苦笑しつつ、「シブ5時、私に対するエールを送っていただいた。非常にありがたいことであります」と感謝。

 「これからはテレビをご覧のみなさまに“シブ5時に夢中!”になって頂けるように頑張って行きたい」と宣戦布告?した。

 阿部アナは現在「ごごナマ」(月~金曜、午後1時)を担当。過去には「ニュース7」や「おはよう日本」のほか、「紅白歌合戦」の司会も7回務めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月13日のニュース