槇原敬之容疑者 デビュー30周年記念イヤーだった…3月アルバム発売予定、秋にはツアーも

[ 2020年2月13日 17:33 ]

槇原敬之容疑者
Photo By スポニチ

 歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反の所持の疑いで警視庁に逮捕された。

 同容疑者は1999年にも覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕され、有罪判決を受けている。

 槇原容疑者は1990年10月にシングル「NG」とアルバム「君が笑うとき君の胸が痛まないように」でデビュー。昨年10月にデビュー30周年を迎え、カバーベストアルバム「The Best of Listen To The Music」をリリースするなど、アニバーサリーイヤーの企画を展開していた。今年3月4日には、他のアーティストへの提供楽曲をセルフカバーしたアルバム「Bespoke」をリリース予定で、数々のラジオやテレビ番組でプロモーションを行っていた。

 また、夏には30周年の集大成となるオールタイムベストアルバムをリリース予定で、秋冬にはツアーを開催することも告知されていた。

 開設されている30周年記念サイトには、「槇原、おかげ様で30周年を迎える事となりました!これもひとえに皆様の応援があったからこそ。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ここから1年以上の期間にわたって、リリースやコンサートなど、いろいろ企画しておりますので、どうか、お楽しみに~!!!」と直筆でメッセージを寄せていた。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月13日のニュース