キンタロー。 助産師の愛ある言葉に涙「張り詰めていたものがこみあげて」

[ 2020年2月13日 12:33 ]

キンタロー。
Photo By スポニチ

 1月28日に第1子となる女児を出産したお笑いタレントのキンタロー。(38)が12日に自身のブログを更新。助産師の優しい言葉に涙したことを告白した。

 キンタロー。は10日に「授乳それは茨の道」と題した投稿で「生乳首で何度かトライしてるんですがなっかなか上手くいきません」と打ち明けていた。

 この日は「生乳特訓」と題してエントリーし、「今日は朝から助産師さんと退院にむけてちびキン。ちゃんに生乳なれてもらうべく特訓しました」と報告。「私の乳首よはやくのびろぉ~(この意味わかる人)」と記し、「優しい助産師さんが昨日落ち込んでいた私に色々と言葉をかけてくださりその言葉に涙しました」と明かした。

 その言葉については、「赤ちゃんすごく穏やかに育っていますよ ママの愛情が届いてるからと言って頂き張り詰めていたものがこみあげてきました」と告白。「皆さんが仰る通り一歩一歩前進あるのみですね」とつづり「母乳も少しずつ あんまり思いすぎると母乳に響くそうで余裕の気持ちで帰宅後も練習していこうと思います」と意気込んだ。最後は「ちびキン。ちゃんも産まれてまだ2週間だし私もママになって2週間」と書いて「少しずつ少しずつ!」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月13日のニュース