「情熱大陸」16日は神田伯山登場 超人気講談師、大名跡襲名までの半年間に密着

[ 2020年2月13日 22:20 ]

MBS・TBS系「情熱大陸」に出演の講談師・神田松之丞、改め、六代目・神田伯山
Photo By 提供写真

 MBS・TBS系「情熱大陸」(日曜後11・00)の16日放送は「講談師/松之丞 改め 神田伯山」。一度聞いたらハマる講談師と言われる神田松之丞、改め、六代目・神田伯山(36)の真打ち昇進までの軌跡を追う。

 11日、演芸界のみならず、多くのファンが待ち望んでいた真打ちが誕生した。講談師の六代目・神田伯山だ。講談は歴史的なお家騒動や、討ち入りの話を聞かせる日本の伝統芸能。同じ話芸の落語と比べて堅く、とっつきにくいというイメージを持つ人も少なくなかった。だが、伯山の講談を聴くとその認識は一変する。軽快な毒舌を交えたマクラ(小話)で爆笑させ、客の心をつかんだかと思うと、講談では一転。熱のこもった語り口と怪演で、登場人物たちを生き生きと蘇らせる。独演会のチケットは即時完売。“今、最もチケットの取れない講談師”というのは全く大げさな表現ではない。

 さらにその語りの才能は、ラジオやテレビなど、様々なメディアで花開いている。彼の代名詞となったラジオ番組では、予定調和をものともしない語りが人気。ユーモアに裏打ちされた毒舌に魅せられたファンも数多い。

 基本的にメディアへの露出は「講談を広く知ってもらうため」と言い切る伯山。いま最も力を入れているのが「連続物」と呼ばれる、長い物語を何日もかけて披露する講談だ。1月、真打ち昇進を間近に控えて挑んだのが「畔倉重四郎(あぜくらじゅうしろう)」。全19話、5日間連続で、物語の長さはのべ10時間にも及ぶ大ネタだ。体力的にも精神的にも厳しい公演を完遂することはできるのか。神田松之丞が、大名跡、六代目・神田伯山を襲名するまでの半年を追った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月13日のニュース