上沼恵美子 紳助さんに共感…芸能界の息苦しさ訴え「事実を言えなくなった」

[ 2020年1月19日 13:46 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(64)が19日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。2011年8月に芸能界を引退して以来となる島田紳助さん(63)のYoutube動画での発言を引き合いに、「言いたいことの、1000分の1も言えてない」と訴えた。

 紳助さんが動画の中で「今の芸能界は言いたいことを言えない」と主張したことに「ああ、その通り!」と同意した上沼。そのうえで「番組は言いたいことが言えなくなりました。コンプラアンスということで。普通にプロデューサーにど突かれます。怖いんです」とジョークを交えつつ、「だから、ラジオは3時間の生(放送)。これが快適で…。プロデューサーは口から胃が飛び出るほど、ドキドキしていると思います」と本音をのぞかせた。

 「いらんこと、事実を言えなくなった」と上沼。「事実が聞きたいし、自分の意見だって言いたい。『言いたいこといって、上沼さん、ストレスないやろ!』って運転手さんによく言われるけど、ストレスだらけです。言いたいこと、1000分の1も言えてない。10年前はもっと言えていた」と主張し、「今、私たちの仕事は本当にやりにくい」とまくし立てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月19日のニュース