賀来賢人が“さえない男”に…TBSドラマで過激な女性に振り回される

[ 2020年1月19日 07:00 ]

TBS系主演ドラマ「死にたい夜にかぎって」で冴えない男を演じる賀来賢人
Photo By 提供写真

 俳優の賀来賢人(30)が、自分史上最もさえない男を演じる。TBS系ドラマ「死にたい夜にかぎって」(2月25日スタート、火曜深夜1・28)に主演。女性たちに振り回される男に挑戦する。

 どうしようもない男が、過激な女性たちに振り回された半生を描く作品。ライターの爪切男さんの実体験を基にした小説が原作。少年時代に憧れの女子から「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね」と言われ笑えなくなった男が、女たちとの出会いを通じて笑顔を取り戻す物語だ。

 主人公の浩史はピュアな心を持つ編集者。全くモテないが女性への憧れは人一倍で、好意を持った女性に振り回されてばかり。このさえない男を賀来がどう演じるのかが見どころで、爪切男さんは「今、好き勝手やらせたら日本で一番面白いであろう賀来賢人さんが主演です。もう期待しかない」と楽しみにしている。

 相手の女性がとにかく過激。初恋の相手は自転車泥棒。人生で最も愛したアスカは、変態に唾を売って生計を立てていた。賀来は「浩史はさまざまな女性に翻弄(ほんろう)され、時に傷つくのですが、それに対しての切り抜け方、乗り越え方が前向きです。ある意味強い。自分にはない、この感性を役を通して味わえるのが楽しみ」と撮影を心待ちにしている。

 30歳の節目を迎え、賀来は円熟期に入った印象が強い。18年10月期の日本テレビ「今日から俺は!!」では金髪ヤンキーをコミカルに演じ、昨年10月期の同「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」ではハードボイルドな刑事役を好演。それが今作ではパッとしない男。演技の幅の広さを見せつける作品となりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月19日のニュース