荻野由佳、NGT単独公演終え心境 “絆深まった”「大切な大切な宝物」

[ 2020年1月19日 14:52 ]

NGT48の荻野由佳
Photo By スポニチ

 NGT48の荻野由佳(20)が18日、自身のインスタグラムを更新。同日に開催されたコンサート「NGT48選抜コンサート~TDC 選抜、合宿にて決定。初めての経験~」を振り返った。

 サブタイトル通り、コンサート出演メンバーは、グループ内オーディションを経て決まった。その際、指導を受けたボイストレーナーの菅井秀憲氏について、「厳しくも愛のある指導をして頂きました」と荻野。今回のボイストレーニングは「自分のできなさに悔しくて涙を堪えるのにも必死なくらいでした」と語りつつ「でも、これを毎日やっていたら絶対にスキルアップするだろうなって思う事ばかりでした」。

 「約5年の活動を通して初めて気づいた感情もありました。そして、改めてこの楽曲の大切さを感じました。ダンスでは、AKBグループ史上最も難しいと言われている楽曲でまさか自分達がこの楽曲を披露する日がくるとは…と思いました。それに加えて新たなオリジナルダンスもありました」と回顧した上で「研究生メンバー含め全員での合宿というものは初めてで、改めてみんなのことをもっとよく知れて切磋琢磨し合え、絆が深まったと感じる場面が本当に多くありました」としみじみ記した。

 さらに「NGT48のみんなの事が心の底から大好きで大切な大切な宝物です スキルもまだまだではありますがもっと成長して時間がかかってでも確実にレベルアップしていけるようみんなで力を合わせて頑張ります」と続けた荻野。

 最後は「今日みにきてくださった応援してくださる皆様。そして、NGT48メンバーのみんな。スタッフの皆さん、来てく下さったメディアの皆様。皆様にお1人ずつお礼をいいたい気持ちでいっぱいなのですが、ここで失礼させて頂きます。本当に本当に、ありがとうございました!。これからもNGT48宜しくお願い致します!本当に、ありがとうございました!」と感謝の言葉を重ねて締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月19日のニュース