上沼恵美子 紳助さんにM―1暴言騒動を引き合いに公開オファー「ご存知でしょうか?」

[ 2020年1月19日 13:16 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(64)が19日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。2011年8月に芸能界を引退して8年半ぶりに動画が公開された島田紳助さん(63)に公開オファーを送った。

 紳助さんについて、上沼は「紳助さんは視聴率をとっても気にされる、責任感の強い方だった。まったく気にしないタレントさんもいるんですが、私もどっちかというと、数字は気にするけど、(紳助さんは)その数100倍気にする。いろんな人気番組をもってらっしゃったら、背負ってらっしゃる、紳助ファミリーとかその人たちのことも背負って立っていたんだから、本当にしんどかったと思う」と気遣った。

 また、8年半前の引退時を振り返り、「お寂しくなるんじゃないかなと思った」とも。「でも、8年半もこうやってやってらっしゃるということは、ちゃんとエンジョイされている。珍しいなと思う。サラリーマンが定年退職してもエンジョイできるのはいいところ1年。オンがあってオフがあるから楽しい。島田紳助さんは8年半もエンジョイされているなら、本当だろうなと。感心されています。多彩だし、お仕事の責務が重かったんだなと」とおもんばかった。そのうえで「紳助さん、来てくださいませんか?もし良かったらこの番組に。私の一生の、恵美子のお願い」と番組への出演オファーを出した。

 続けて「紳助さん、ご存知でしょうか?あなたがM-1の審査員と言ったから、おととし大変バッシングされたんです。えらい炎上して記者がいっぱい来たんです。ものすごい迷惑したんです」と「M-1グランプリ2018」の大会終了後に「とろサーモン」久保田かずのぶ(40)、「スーパーマラドーナ」武智(41)が審査員を務めた上沼に対しSNSで暴言動画を配信し、さまざまな議論を呼んだことに自ら触れ、「でもそれは、もともとは紳助さん、あなた(が原因)なんですよ!サンドウィッチマンがグランプリを取った時なんです。あれが1回目」と訴え。「借りを返してください、『クギズケ!』で。待ってますんで、お願いします。これであなたの男がわかります!」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月19日のニュース