スピードワゴン小沢、まさかの場所に矢が命中…打ち直しもご満悦「やっぱり俺は持ってる」

[ 2020年1月19日 16:27 ]

2020年用年賀お年玉くじ抽選会に出席したスピードワゴンの小沢一敬
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(47)と小沢一敬(46)が19日、都内で開催された「2020年用年賀お年玉くじ抽選会」に出席し、お年玉くじの抽選を行った。

 抽選会は毎年恒例の、0から9までの数字が書かれた回転する円盤に向かって抽選人が矢を放ち、命中した数字が各ケタの当せん番号になるという仕組み。特に難しい操作は何もないのだが、井戸田が最初から要領よく数字の真ん中に的中させたのに対し、小沢はおっかなびっくりボウガンに近づき、へっぴり腰の情けない姿で発射。すると放たれた矢はあろうことか数字と数字のちょうど境目に刺さってしまい、まさかの打ち直しになるという盤石の“ヘタレぶり”を発揮した。

 それでも小沢は、めったに当たらない場所に命中させた悪運をポジティブに受け止め、「やっぱり俺は持ってるな」と、涼しい顔で一人悦に入っていた。

 また、今年の1等賞品が現金30万円または電子マネー31万円分であることから、司会者に「もし30万円が手に入ったら何に使う?」と尋ねられると、「最近、(自らのキャラのひとつである)ハンバーグ師匠のYouTubeを始めたんですが、撮影機材に40数万円かかってしまって。その費用補てんにあてたい」(井戸田)、「僕も自分のYouTubeチャンネルを開設したばかりなんで、じゃあその30万で機材そろえようかな」(小沢)と、そろって人気ユーチューバーへの意欲をみなぎらせていた。

 さらに同じ質問に対し、矢が的中した番号を確認する立会人を務めたフリーアナウンサーの宇賀なつみ(33)は、「今年、時間が取れたらフィンランドに旅行してサウナに入りたいと思っているので、その旅費のために貯金します」と答えていた。

 同抽選会には、リオ五輪柔道金メダリストの大野将平(27)、「日本郵便Honda Dream TP」所属で、全日本ロードレース選手権のST600クラスで2019年王者となったオートバイライダーの小山知良(36)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月19日のニュース