堀江貴文氏 GLAYとのスノボで臍ヘルニアに「俺だけ青い顔して救急車で運ばれて」

[ 2020年1月19日 11:43 ]

堀江貴文氏
Photo By スポニチ

 実業家の堀江貴文氏(47)が19日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)にVTR出演。スノーボードをGLAYと一緒にやっていた時に臍(さい)ヘルニアになっていたことを明かした。

 堀江氏は13日に北海道函館市内の病院の病室で写したとする動画をユーチューブ公式チャンネルにアップ。「臍ヘルニアという症状になってしまいまして、それの手術を受けるべく、前々日から入院をしているという状況で、明日いよいよ手術ということになりました」。15日にはツイッターで、手術を無事に終え、近日中に退院できるとしていた。堀江氏はすでに退院し、仕事復帰もはたしている。

 現在の状態について堀江氏は「痛みは多少ありますけど、ロキソニンとか持っていると(大丈夫)」と回復していることを明かした。そのうえで、当時の状況を聞かれ、前日にGLAYとのコラボイベント「ホリエモン万博」を開催していたことに触れ、「TERUさんとかといたので、(メンバーは)みんなお見舞いに来てくれた。そしたら、俺だけ青い顔して救急車で運ばれていったっていう」とGLAYのメンバーとスノーボードを楽しみ、倒れてしまったことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月19日のニュース