長嶋一茂 18人が退職願の保育園に「行政が内部調査を怠って…」

[ 2019年12月16日 09:29 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)が16日、TBS「あさチャン!」(月~金曜前5・25)に出演。浜松市西区の私立認可保育園の保育士ら18人がパワーハラスメントなどの被害を訴え、一斉に退職届を提出したことに言及した。

 この保育園をめぐっては、別の保育園などを運営する浜松市内の会社が記者会見し、保育士らが退職届を出した保育園の運営を14日付で引き継いだと表明している。番組では、パワハラとしたとされる園長と専務が保護者説明会で謝罪する様子などを伝えた。

 一茂は「保育園を増やすそうという行政の推奨的な部分があって、やっぱり内部調査みたいなことを怠っているのは間違いないと思うんですよ」と指摘。そして「ただ、やっぱり(パワハラをしていたとされる)園長と専務もですね、自分たちがいないと、お前たち入れてやんないぞみたいな、とにかく保育園が少ないわけですから。ちょっと大勘違いをしたっていうようなイメージですね」とし、「子どもたちと1番接して子どもたちの教育に携わるのは、保育士さんたちだと思う。保育士たちだって子どもたちとずっと一緒にいて気心知れているし、退職もしたくないですよ。そういう気持ちを踏みにじったというか感じてないというか久しぶりにアンポンタンなバカが出てきたなって感じ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース