レッチリ クリングホッファー脱退を発表 フルシアンテが2度目のバンド復帰

[ 2019年12月16日 14:04 ]

 米ロックバンド「Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)」が16日、ギタリストのジョシュ・クリングホッファー(40)のバンドからの脱退と、ギタリストのジョン・フルシアンテ(49)の再加入を発表した。

 バンドの公式インスタグラムで声明を発表。「10年間一緒だったギタリストのジョシュ・クリングホッファーと別々の道を歩むことになった。ジョシュは我々が尊敬し、愛する美しいミュージシャンだ。彼と過ごした時間、我々と共有してくれた無数の贈り物に深く感謝する」と発表。そのうえで「ジョン・フルシアンテが大きな興奮とあふれんばかりの感情をもって私たちのグループに再び参加することを発表します」とフルシアンテの2度目の復帰を報告。「ありがとうございます」と締めくくった。

 フルシアンテは初代ギタリスト・ヒレル・スロヴァクが亡くなった後、1989年、18歳の若さでバンドに加入するも、1992年に1度目の脱退。1999年にバンドに復帰するも、2009年に自分の音楽的志向を突き詰めたいと再び脱退。今回2度目の復帰となった。クリングホッファーは2009年にアルバムレコーディングへの参加を経て、2010年に正式に加入していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース