平野綾 “ラブコメ王”原作のアニメに出演「ようやく念願かなった」

[ 2019年12月16日 17:47 ]

声優で女優の平野綾
Photo By スポニチ

 声優で女優の平野綾(32)が16日放送のNHK情報番組「ひるまえほっと」(月~金前11・05)に出演。自身が声を担当した、パラリンピックの魅力を5分間のアニメで伝えるNHKのプロジェクト「アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか~」への思いを語った。

 平野は、このプロジェクトの第8弾で、2020年東京パラリンピックから正式に競技に採用されることが決まったパラバトミントンをテーマにした作品で、主人公の朝日奈翼を演じた。

 「オリンピック、パラリンピックにどういう風に自分が積極的に関わっていけるのだろうと思ったときに、ちょうどこの(アニ×パラの)お話を頂いて、これは凄くいい機会を頂いたと思って、受けさせていただくことにしました」と経緯を話した。

 今作品の原作者である“ラブコメ王”と評される瀬尾公治氏のアニメ作品には、これまでもオーディションを受けていたが、通らなかったという平野。「初めて関わらせていただくのがこの作品ということで、ようやく念願かなったというのもあるし、瀬尾先生の描くハツラツとした爽やかな、“女性がこうなりたい”と思うようなかわいらしい女性を演じられて、とてもうれしかったです」と打ち明けた。

 この作品を通じて伝えたいことを問われると、「みんなそれぞれ打ち込むものがあって、凄く真剣に頑張って日々生きているんだぞというのを、アニメを通して皆さんに知っていただきたい」とし、「オリンピック、パラリンピックを来年に向けて、どんどん盛り上げていけたらと思います」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース