YOSHIKI KISSと共演で紅白出場「ゴジラ倒した以上のインパクト与えたい」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

KISSと共演しNHK「紅白歌合戦」に出場することを発表したYOSHIKI(中央)
Photo By スポニチ

 X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が15日、東京都渋谷区のNHKで会見し、大みそかの「第70回紅白歌合戦」(後7・15)に米人気ロックバンド「KISS(キッス)」との共演で出場することを発表した。

 YOSHIKIにとってキッスは10歳で父親を亡くした際に出合ったことでクラシックからロックを志すきっかけをつくった原点の存在。94年発売のキッスのトリビュートアルバム「KISS MY ASS」でYOSHIKIがプロデュースを務めて以来親交を深め、今月11日のキッスの東京ドーム公演のアンコールにサプライズ出演。代表曲「ロックンロール・オールナイト」など2曲をセッションし、「今度は僕の招待をキッスが快諾してくれた。とても光栄」と感慨深げだ。

 親日家のポール・スタンレー(67)は「YOSHIKIは日本の文化、そして生きることの素晴らしさを世界に伝えている仲間の一人。最高です」とご機嫌。ジーン・シモンズ(70)も「日本を代表する番組のステージに立てるのは楽しみ」と期待した。

 紅白では「YOSHIKI feat.KISS YOSHIKISS」としてパフォーマンスを繰り広げる。披露する楽曲は未定だが、YOSHIKIは「やるからにはX JAPANの時にゴジラを倒した以上のインパクトを与えたい」と自信の笑み。キッスは今回が最後の来日ツアーと銘打っており、大みそかが日本での“ラストステージ”になる可能性もあるだけに注目を集めそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース