KinKi 剛がギター!光一がダンス!2年ぶり東京Dで新スタイル ジャニーさんに届け「You...」

[ 2019年12月16日 05:31 ]

 KinKi Kidsが15日、東京ドームで2年ぶりのコンサートを行った。同所での最多記録を更新する58回目の公演。堂本剛(40)が17年6月に患った左耳の突発性難聴の症状を残す中、堂本光一(40)がダンス、剛がギター演奏という新しい形でのライブを披露した。

 剛は音が聞こえにくいだけでなく「照明でめまいが起こったり、音量を上げると雑音や高音が混ざったように聞こえる」という。昨年は「ドーム会場の大規模な音響に耐えられない」との判断で98年から20年連続で続けていた東京ドーム公演を見送った。

 今年は事務所前社長のジャニー喜多川さん(享年87)が亡くなり、9月に同所でお別れの会を行った。剛は「どうにかしてドームに立ちたい」と開催を希望。光一と演奏可能なセットリストを相談しながら、体に負担をかけないようにするため同じ位置に立ち続ける形で2年ぶりのステージにたどり着いた。光一は「これからもその時々で方法を考えていかなければいけない。でも今回でベーシックな部分はできたと思う」と手応えを口にした。

 ジャニーさん追悼の意味合いも強いライブで、公演タイトル「ThanKs 2 YOU」もジャニーさんの口ぐせを意識して付けた。剛がA.B.C―Z主演の舞台「ジャニーズ伝説」のために制作した「You...」のKinKi Kidsバージョンを初披露するなど全24曲を歌唱した。

 今ではおなじみとなった「YOU、やっちゃいなよ」など、ジャニーさんのものまねをテレビ番組で最初に行ったのが2人。剛は「本当に悲しいし、大きな出来事。その思いを隠す必要はない」とMCでもジャニーさんに関するトークを展開。「せっかく天国から降りてきてもドームだから天井ではね返って見られない」(光一)、「(ものまねで)僕、魂になったのに通り抜けられないよ」(剛)など愛のあるイジりで笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース