田中みな実、幼少期に実弟と大喧嘩「お尻から血を流して…」

[ 2019年12月16日 11:35 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が15日放送の日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。幼少期の頃の姉弟喧嘩について語った。

 2歳年下の弟について話題を振られると、田中は「年に何回しか会わないです。会っても『いつも見てます』って言われるぐらいだから…」と告白。MCのくりぃむしちゅー上田晋也(49)は「そんな他人行儀なの?」とよそよそしい関係に驚きの声を挙げた。

 そんな弟から、田中の「素顔、意外な一面」について情報が。「小学生や中学生の時はしょっちゅう喧嘩しておりましたが、記憶にある限りいつも返り討ちにあっておりました。ぶりっ子キャラで可愛らしいイメージが定着しているかもしれませんが、相当強いです」。このタレコミを受け、上田は「だから弟さん距離置いてるんだよ。怖いんだよ、いまだに。だから『いつも見させて頂いてます』ってなっちゃうんだよ」と他人行儀な関係に納得した。

 田中は「喧嘩はよくしてました」と認めつつ「小学1、2年の頃」の弟との喧嘩では「つかみ合いをしてて、お尻に噛みついたらお尻から流血しちゃってみたいなことはありました」と振り返り、共演者らを驚かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース