松ちゃん緊急参戦「炎の体育会TV」10・1% 前回から1・7ポイント上昇 本気のベンチプレスに熱視線

[ 2019年12月16日 09:14 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)がサプライズ出演した14日放送のTBS「炎の体育会TV SP」(後7・00~9・00)の平均視聴率が10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、高数字だったことが16日、分かった。

 11月30日に放送された前回(2時間SP)の平均視聴率は8・4%で、今回は1・7ポイント上昇した。

 松本は日本人男子初のスキージャンプW杯総合優勝に輝いた小林陵侑(23)の弟、龍尚(18)との「ベンチプレスVS垂直ジャンプ」競技に挑戦。松本が95キロのバーベルを挙げるごとに、龍尚が高さ90センチの回転バーを4回ジャンプする異種耐久バトルに松本は敗れたものの、一切の笑いを封印した姿にネット上では「名勝負をありがとう」「筋肉がすごい」「本気の姿に感動した」など絶賛の声が相次いでいた。

 松本については、11月8日に放送された「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)の視聴率が18・1%、同月10日の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)が15・3%をマークするなど、ゲスト出演した番組の視聴率が軒並み高水準となっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月16日のニュース