俳優・山本昌平さん死去 82歳 「水戸黄門」「電撃戦隊チェンジマン」など

[ 2019年11月28日 14:54 ]

山本昌平さん
Photo By 共同

 悪役俳優として活躍した山本昌平さんが10月30日に肺炎のため都内の病院で死去していたことが分かった。82歳。所属事務所が28日に発表した。

 所属事務所はマスコミ各社に手書きのファクスで「悪役俳優・山本昌平 令和元年10月30日、肺炎の為、都内の病院にて永眠いたしました。(享年82才)生前ひとかたならぬご厚情を賜りました皆様へ心より深く感謝申し上げます。11月2日、家族葬にてお見送りしました」と報告した。

 来年1月18日に「お別れの会」を予定している。

 山本さんは1957年に劇団七曜会の研究生となり、役者業をスタート。一時、俳優を廃業するも復帰。時代劇の「お江戸でござる」「水戸黄門」「暴れん坊将軍」「太陽にほえろ!」など悪役として多数出演。特撮ドラマ「電撃戦隊チェンジマン」(1985年)では敵役のギルーク司令官としてレギュラー出演していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース