安藤美姫 照れながら告白「衣装の下にパンツは?」に「はいてる選手が多いんですけど、私は…」

[ 2019年11月28日 17:51 ]

安藤美姫
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(31)が27日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)に“フィギュアスケート大臣”としてゲスト出演。視聴者のフィギュアスケートについての質問に答えた。

 「衣装の下はパンツはいてますか?」という質問に、安藤は「はいてる選手ももちろんいます。ただ、女性特有の細いやつをはいてる選手が多いんですけど、私はノーパンです」と照れながら告白。その理由を「私は9歳のころから。先生の教えで、小さいころは普通のパンツなんで、そうすると衣装からはみ出るのがよくない。美しくないし、ちゃんと礼儀として、はかなければ見えないという」と説明した。

 また「演技後、リンクに投げ入れられるプレゼントの行方は?」という問いには「持って帰ってます。大量にありますけど、国内試合だったら送る手段もありますし」と答え、「海外の選手とロマンスはある?」には、「みなさん知ってるように…」と苦笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース