田中みな実 舞台のキスシーンに独特の表現「ただの“チュ”じゃなくて…」

[ 2019年11月28日 13:30 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が26日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。キスに関するトークの中で、乙女心を覗かせる一幕があった。

 「絶対正義」「ルパンの娘」などのドラマに出演するなど、女優業にも力を入れている田中。「ドラマって人間対人間として接する」と自身の経験を踏まえた上で「でもミュージカルってもっとじゃない?好きになっちゃわない?」とゲストのソニン(36)に質問をぶつけた。

 ソニンは「正直言うと、私は役として、相手役にちゃんと愛着は湧いている。でも終わると…」と恋愛には発展しないとし「相手も相手で終わりだし。もしプライベートで興味があったら、終わって会えばいいと思う」とミュージカル女優ならではの恋愛観を語った。

 続けて「舞台なんて毎日毎日本番があって、毎日毎日キスして…」と振り返る中、田中が「どんどん好きになっちゃう」と反応したが、ソニンは「と思うんですけど、意外とそこまでキスに意味がないというか、大ごとじゃない」。しかし、田中は納得できず「私(双眼鏡で)見たことあるけど、ただの“チュ”じゃなくて、もう食べ合ってた」と独特の表現で舞台鑑賞を回顧していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース